TabiEmiriのブログ

「思い立ったが吉日」神社仏閣、お城などをめざして歩きます。

馬籠宿、妻籠宿 宿場町を歩いて 

f:id:TabiEmiri:20210116071438j:plain

 

昔の人が歩いた宿場町

馬籠宿、妻籠宿を歩いた。

 

3年ぐらい前の10月

寒くもなく暑くもなく

ちょうど気候の良い時期だったと思う。

 

五街道東海道中山道日光街道奥州街道甲州街道

の一つである中山道

 

その中山道に有名な宿場町

馬籠宿、妻籠宿があります。

 

馬籠宿には

本陣、脇本陣奥谷、

藤村記念館、永昌寺

などがあり

他にも食べ歩きのできるお店が

色々と見られました。

名物の五平餅が人気のようです。

 

 妻籠宿には

ウダツを上げた古民家、

光徳寺、藤原家住宅、

上嵯峨屋、下嵯峨屋などがあり

こちらはどこか懐かしい

古い時代そのままの情景に感動。

重要伝統的建造物保存地区にしてされています。

 

 江戸の日本橋から京都 三条大橋まで

山側に位置する街道534m。

69次の宿場町です。

 

この宿場町は

徳川家康関ヶ原の合戦以降に

整備を強化し大きく発展しました。

 

五街道のそれぞれに宿場町が設けられ

様々な業務を行う問屋場が中心となって

ある時は、大名の参勤交代の際にも利用されたそう。

 

 

 

最初に

馬籠宿 へ・・

 

f:id:TabiEmiri:20210116071508j:plain

 

f:id:TabiEmiri:20210116073206j:plain

 

1番最初に目についたのが水車小屋です。

馬籠宿の入り口のような形で点在するのが

とても印象的でした。

 

この水車小屋は

歴史的建造物として保存され

人気のスポットになっています。

 

岐阜県中津川市に位置し

木曽11宿中 最も南にあるのが馬籠宿です。

 

69次の宿場の11宿が木曽路に集中しているというのは

やはり山々の眺望景観が素晴らしかったから

と微かながら思いました。

 

他にも「奈良井宿」や「福島宿」などがあり

奈良井宿は宿場町の町並みが今に至るまで多く残され

かつては木曽の中心として関所が置かれた場所です。

なので特に賑わったようですね。

 

 

馬籠宿はとにかく坂道が多く

それも急な感じで

ある意味「登る」感覚で歩いたのを覚えています。

 

敵の侵入を防ぐ為の

「枡形」の地形もインパクトがあり

先人の知恵を察しました。

街道を直角に曲げ入念に仕立てられ

外部から攻撃されないよう作られたものです。

 

この「枡形」というのは

城下町、宿場町の名残りでもありました。

 

宿場町のあるところ「城あり」

といった感じで

城下町が存在するのも関係性が光ります。

 

長野県にある松本城下町や上田城下町などですね。

 

 

 

島崎藤村記念館

 

f:id:TabiEmiri:20210116071539j:plain

 

f:id:TabiEmiri:20210116071554j:plain

 

f:id:TabiEmiri:20210116071609j:plain

 

木曽路はすべて山の中」

有名な藤村著の「夜明け前」。

藤村自らの出身地で

木曽路を舞台に執筆。

 

江戸末期の幕末から明治へと

時代は大きく移り変わる

その背景を目の当たりに感じ

小説にしたのが藤村の作品です。

 

藤村自身、波乱万丈の人生でしたね。

絶望感に苛まれ緊張の糸が切れても

次から次へと這い上がりました。

人生を最後まで走り続けた

バイタリティある作家だと思います。

 

そして木曽路ですが

藤村が小説に残したように

歩けば歩くほど

自然がいっぱいの山の中という感じでした。

 

 

  

馬籠郵便局 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071634j:plain

 

趣のある建物で残されています。

実際に営業されているので

もう少しゆっくり見学すれば良かったと

後から反省。(苦笑)

 

 

 

永昌寺

この近くには藤村ゆかりの永昌寺があり

「夜明け前」では「万福寺」

として登場します。

 

永昌寺は

1558年、島崎重綱が馬籠に移住した際に

創建されました。

 

中津川市 指定文化財に指定されている

臨済宗のお寺で

島崎家代々の菩提寺です。

 

藤村と妻と4人の子供が眠っている場所。

 

座禅体験や宿坊などもあり

精進料理を味わいながら

藤村の思い出に浸るのも良さそうですね。

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071647j:plain

 

 

急な坂道が多く 歩くのがとても大変でしたが

その先に待っていたのがこちら

   ↓  ↓

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071710j:plain

 

展望台です!!

 

ここから恵那山を眺めることができました。

大変素晴らしいロケーションで

頑張って歩いた甲斐があります。

(笑)

 

 

恵那山とは

長野県と岐阜県にまたがる

中央アルプス最南端の山。

(2,191 m)

 

日本百名山、花の百名山

選ばれました。

 

四季を通じて山々に咲く花を観賞できるのは

最高ですね。

 

神様が降りた山としても知られ

古事記日本書紀によると

日本武尊ヤマトタケルノミコト」が

登拝した  

と伝説があります。

 

恵那山山頂にある恵那神社の奥宮には

イザナギ」と「イザナミ」が主祭神として

祀られています。

 

多くの伝承を持つ神秘的な霊山ですね。

パワーを感じます。

 

江戸時代には修験道として山籠りをする修験者の姿も

見られたそうです。

 

 

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071724j:plain

 

 

お次は

妻籠宿 へ・・

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071747j:plain

 

妻籠宿は

長野県木曽郡南木曽にあり

昔は中山道と伊那街道との分岐点でした。

 

戦国時代、武田信玄が整備して

便利になったといわれる伊那街道。

海方面からは海産物や塩、

信州側からはタバコや串柿などが運ばれ

大変賑わったそう。

 

面影の残る町並みは

今でも所々に残っています。

 

 

こちらの妻籠宿は坂道ではなく

比較的平坦な道なので

ゆったりと歩けました。

 

気持ち的にホッとしました(笑) 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071802j:plain

 

瑠璃山光徳寺 

臨済宗のお寺です。

 

1500年開山されたそうで

とても歴史を感じました。

 

中部四十九薬師寺霊場の21番札所。

 

町並みより一段高い位置に石垣を築き

白壁のある造りはお城のようで

凛としていて存在感があります。

 

 

境内には日本最初の人力車が展示されていたり

延命地蔵のお堂も見られました。

 

本堂には山岡鉄舟が書いた額が掲げられ

お寺の品格と荘厳さを感じます。

 

格式ある由緒あるお寺。

 

山岡鉄舟といえば

幕末から明治にかけて活躍した剣客で

西郷隆盛勝海舟などと会談を実現し

政治の面でも優れた人材だったそう。

 

動乱の幕末期に於いて

一人の人間も斬ることなく

「相手と戦わず勝つ」という精神力に

尊敬の念を抱きました。

 

「剣・禅・書」を極めた偉人ですね。

現代人に必要な何かを思い起こせる

そんな人物のような気がします。

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116071824j:plain

 

妻籠宿本陣

代々 島崎家が勤めた島崎藤村の母の生家。

 

江戸の殿様一行の雰囲気が味わえ

お庭からの景色も素晴らしく

参勤交代で大名や役人が滞在した宿です。

 

こことは別に「脇本陣奥谷」という所もあり

こちらは国の重要文化財に指定されています。

 

脇本陣奥谷

南木曽町博物館として復元されました。

問屋を勤めた奥谷(おくや)で

代々 林氏が勤め

江戸時代の建物をそのまま復元。

 

総檜造で気品ある苔庭や

囲炉裏端での当時の生活の様子が見られる

高雅なお屋敷です。

 

馬籠宿、妻籠宿は海外からの観光客が多く

どこを歩いても色々な国の方の姿が見られました。

日本でも人気の観光地ですね。

 

 

   

続いて

恵那峡へ・・

 

f:id:TabiEmiri:20210116072257j:plain

 

f:id:TabiEmiri:20210116072316j:plain

 

恵那峡展望台

恵那山や中央アルプスを展望できる

絶景スポットです。

 

見晴らしの良い見事なロケーションで

大自然を堪能。

 

この日は晴れたり曇ったり

結局ここでは曇り空で残念でしたが・・

 

 遊覧船もあり

恵那峡クルーズを楽しめます。

 

遊覧船からは

奇岩、怪岩を眺めながらの

のんびりとしたひと時を楽しめるそうで

こちらもオススメですね。

 

 

f:id:TabiEmiri:20210116072400j:plain

 

f:id:TabiEmiri:20210116204953j:plain

 

#宿場町

#馬籠宿

#妻籠宿

#木曽路

#中山道